埼玉県朝霞市のコミュニティFMラジオ局「すまいるエフエム」。周波数FM76.7MHzで、地域情報を中心に毎日放送中!

すまいるエフエムは、朝霞市・志木市・和光市・新座市と
「防災協定」を締結しています。
すまいるエフエムは、安全で安心なまちづくりを目指しています

いろは丸が希望を乗せて!志木市で進水式

ニュース・話題
「いろは丸」を楽しむ命名者の中澤さん(左から2番目)ら

志木市観光協会(大木勝臣会長)では、市民のふるさと意識醸成と新たな観光の魅力づくりのために和舟の命名と進水式を9月24日、いろは橋下の新河岸川左岸にある船着場で開催。香川武文志木市長、西川和夫市議会議長、鈴木正人県議ら来賓をむかえ、約30人が集まった。


大木会長は、舟運で栄えた志木市にぴったりの事業とし「これから賑わいを創出する希望の舟となるように」と思いを述べた。

観光協会が7月に舟の名前を募集したところ24点が集まり、新河岸丸や志木丸などの応募作品の中から「いろは丸」に決定。ボランティア船頭もあわせて公募したところ男5人・女1人の6人から応募があり、栃木市蔵の街遊覧船の船頭から指導を受けるという。

参加した名付け親の志木市柏町の中澤伊助さん(78)は、「いろは商店会、いろは親水公園などいろはの愛称が定着している。私はいろは大学にもお世話になっている。野火止用水から引いたいろは樋が48本あって、ものの始まりはいろはで始まる」と命名の思いを話した。

関連サイト
http://www.newtimes-net.net/news/201709-1203.html

その他の ニュース・話題