埼玉県朝霞市のコミュニティFMラジオ局「すまいるエフエム」。周波数FM76.7MHzで、地域情報を中心に毎日放送中!

すまいるエフエムは、朝霞市・志木市・和光市・新座市と
「防災協定」を締結しています。
すまいるエフエムは、安全で安心なまちづくりを目指しています

「20歳の僕は。」 志木市成人式

ニュース・話題
ビンゴとクイズで景品が当たるイベントも実施

成人の日の1月9日、志木市では716人(男350人、女366人)が新成人をむかえ、市民会館大ホールで成人式が行われた。市内の新成人数は昨年の684人から32人増。この日、色鮮やかな晴れ着姿の新成人が会場にあふれ、参加者数は465人。出席率は62.4%だった(昨年は67.8%)。

志木市成人式は、推薦や公募で選ばれた新成人7人の実行委員会(渡久山茉帆実行委員長)が企画・運営し、「まだあったことのない未来を、探している。20歳の僕は。」をテーマに、地元の小・中学校時代のスライドショーが流れた。

それぞれの学校で思い出がつまったスライドの最後には、「時空を超えてあの頃の自分に戻れたでしょうか?」、「あの時の夢に今の自分は近づけていますか?」などと問いかけられた。

来賓の香川武文市長は、約25年前に新成人となって志木市成人式に参加し、最年少(埼玉県内)の市長になったことを紹介した上で「志木市にしっかり住んで、志木市を愛し続けてほしい。これからは他者のせいではなく自分の判断で挑戦し、自由と責任を謳歌してほしい。挑戦することが原動力」とエールを送った。

取材/ニュータイムス岩下“ジモアイ”隆
※駆けつけた恩師9人の写真などは関連サイトに掲載中。

関連サイト
http://www.newtimes-net.net/news/201701-855.html

その他の ニュース・話題