埼玉県朝霞市のコミュニティFMラジオ局「すまいるエフエム」。周波数FM76.7MHzで、地域情報を中心に毎日放送中!

すまいるエフエムは、朝霞市・志木市・和光市・新座市と
「防災協定」を締結しています。
すまいるエフエムは、安全で安心なまちづくりを目指しています

ゆく年くる年 志木市の宝幢寺

ニュース・話題

志木市柏町1丁目の宝幢寺(金剛光裕住職)で12月31日、午後11時40分から市民による除夜の鐘が響きわたり、新年を迎えた。同寺の文殊堂では金剛住職による恒例の護摩焚きが行われた=写真=。護摩焚きとは、新年の願いなどを木片に書き、住職がその木片を火の中を入れて焚きながら祈祷する儀式だ。

この日、宝幢寺の約300本の護摩木には、「家族全員が健康で笑顔の一年に」、「美人になれますように」などの想いが書かれていた。この「ゆく年くる年除夜の鐘」の行事運営にはボーイスカウト志木第1団や埼玉石材らが協力。

同寺の文殊堂で護摩焚きをしていた金剛住職は、「昨年は高齢者による悲しい事故などが多かったので、2017年はなくなるように」と話していた。

取材/ニュータイムス岩下“ジモアイ”隆

関連サイト
http://www.newtimes-net.net/news/201701-836.html

その他の ニュース・話題