埼玉県朝霞市のコミュニティFMラジオ局「すまいるエフエム」。周波数FM76.7MHzで、地域情報を中心に毎日放送中!

すまいるエフエムは、朝霞市・志木市・和光市・新座市と
「防災協定」を締結しています。
すまいるエフエムは、安全で安心なまちづくりを目指しています

志木高美術部が大きな絵馬を奉納

ニュース・話題

埼玉県立志木高等学校(山本健敬校長)の美術部12人が制作した絵馬が、志木市本町2丁目の敷島神社に奉納され、その序幕式が12月22日、社殿で行われた。

この絵馬は、神社総代の綱島冏司さん(77)が今年9月に同高へ制作依頼。美術部の顧問の内山ちせ教諭(24)が敷島神社へ生徒と一緒に参拝し、神社のもつ雰囲気や絵馬について伝えたところ、来年の干支である酉とひよこ2羽の仲むつまじい姿がアクリル絵の具で描かれた。内山教諭は、「生徒たちの思い入れのある絵馬が出来た」と笑みを見せていた。

雄鶏とひよこの下絵から手がけた3年生で前部長の久保田祥世さん(18)は、「雌より雄鶏のほうが尾が長くかっこ良いと思った。穏やかな親子をさまを描くことが出来うれしい。今後は後輩にがんばってほしい」と取材に答えてくれた。

2か月余りかけて作られた畳1枚ほどの大きな絵馬。これから毎年1枚ずつ奉納され、社殿の周りに12年間飾られるという。

取材/ニュータイムス岩下“ジモアイ”隆

関連サイト
http://www.newtimes-net.net/news/201612-827.html

その他の ニュース・話題